食生活健康法

健康法

週に一日は健康日を作る。

睡眠は六時間以上とるようにする。可能な限り早寝早起き。朝と夜に瞑想の時間をとる。

体は冷やさない。朝と夜に水を飲むようにする。

背筋を伸ばして歩くようにする癖をつける。姿勢や歩き方をいつもチェックすることで筋肉の付き方も変わってくるので体型も変わる。体のゆがみを自分なりに骨盤を動かして矯正する体操を研究してやってみる。筋肉を柔らかくしておく。血の巡りをよくして体の背面、ももの裏側を伸ばす。筋トレはパーツ毎に10回×2セット。インナーマッスルを鍛える。

体を動かす習慣を。腹式呼吸で呼吸を深くすることで体温は上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食生活

デトックスを心がける。

食事は腹八分目。基本は粗食を心がける。糖分ははちみつで摂るとよい。ヨーグルトを毎日食べるようにする。野菜を中心とした食事を心がける。温野菜や野菜スープで野菜を摂るようにし、飽きない食生活を心掛けることも重要。ご飯は玄米や十穀米などもよい。モズクや根コンブ、メカブなどを摂るようにするとよい。ネバネバ系の食べ物(オクラ・とろろなど)がよい。しょうがは体を温めてくれるので一日一度は摂るようにするとよい。納豆や大豆製品を一日一つは食べるようにするとよい。豚汁は野菜やお肉など一緒に摂れるので便利。ただし調理する際油を使わないようにすることが重要。お肉を脂をうまく使って調理することも大切。食品添加物が含まれる加工品には十分目を配る。摂らないということは難しいので摂取量を少なくするように心がける生活を。

飲み物は水を心がける。他は牛乳や100%オレンジジュースや野菜ジュースもよい。清涼飲料水は控える。飲み物に氷は入れないようにする。冷えた飲み物は体を冷やして代謝を悪くする。どうしても冷えたものが飲みたい時は口の中で温めて飲むようにする。内臓を温めると空腹感が抑えられるので飲み物は常温で飲むとよい。お水は一日2リットルとる。飲んだ分汗をかいて出すことも心がける。

時には体が欲しいものを食べることも大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)