« ここにいる | トップページ

書の古典

書の古典は手を洗うものだということを痛感した。

手を洗い、手を染めてゆくのだ。真摯に染めれば美しい線を紡ぎ出すことはできるだろうか。

|

« ここにいる | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書の古典:

« ここにいる | トップページ