« 2011年5月 | トップページ

2011年11月

書の古典

書の古典は手を洗うものだということを痛感した。

手を洗い、手を染めてゆくのだ。真摯に染めれば美しい線を紡ぎ出すことはできるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ