« 東京タワーは真っ暗で | トップページ | 分母 »

振り返らなくなったことだけは

もう1月も折り返して1週間がとうにすぎて、そういえば正月があれば、そのぶん1月も短いように感じるのはあながち自分だけでないような気がして、まどろっこしい気持ちの移り変わりいわゆる鬱っぽいこの気持ちも少しはそれで晴れるかしら。ブログの整理も終わってなんだかすっきりした気分はほんの一瞬、ほんの2秒。2秒の為に3時間費やす事ってなんだか言葉も唾液も枯れきった様な気がしてさみしい。孤独とは違って物凄くさみしい。そういえば、この半年の間にブログの文体が変わる変わる。私が書いていながら、私が読むのを楽しみにしているような感覚が10月くらいから続いていたけれど、何とも言えないこの半年の文体変化には変態性を感じる始末。んー。でも去年の文章なんか文体が持久力ないない。内容もなんだか安い居酒屋のお通しのようなもんで、味っけもくそもない。そうはいってもこの文体になにか魅力はあるのかっていえばないない。振り返らなくなったことだけが唯一光ってることかしら。

振り返らなくなったことだけは。

|

« 東京タワーは真っ暗で | トップページ | 分母 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振り返らなくなったことだけは:

« 東京タワーは真っ暗で | トップページ | 分母 »