« 外柔内剛 | トップページ | 思考回路の海を漂うこの頃 »

新たな生き方

前日に中学校時代の先輩に連絡し、昨日行った書道用品店に今日も出かける。昨日いた店員さんが二人しかいない…。どうゆうこと?と思いつつ、圧力の強い雰囲気は皆変わらず、先輩だけは違ったように感じた。複雑な人間関係にめげず、がんばってもらいたいと思いつつ、明日は我が身かもしれない次第。

先輩のおかげで、有意義な買い物をすることができたので、気分も良く、るんるんで家に帰る。

国分寺の居酒屋で食事をする。

大学一年の時は自分がここにいるなんて思いもしなかった。

居酒屋にあった雑誌に目を通すと、村上春樹が小説を書く前に経営していたジャズ喫茶「ピーターキャット」が国分寺にはあったそうだ。

村上春樹の処女作、「風の歌を聴け」は読む度に自分の中で、いつも新たな生き方を提示してくれる小説のように思える。

ディタッチメントとコミットメントの二つにどっぷり浸りながら、今日も一日一日を大切に歩んでいきたい。

|

« 外柔内剛 | トップページ | 思考回路の海を漂うこの頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな生き方:

« 外柔内剛 | トップページ | 思考回路の海を漂うこの頃 »