コンタクト

メールアドレス:

自己紹介文

とにかく書きます。毎日、夜と朝の境界がぼやけるまで。暗闇が少しでも白むならば何かが自分の中で変わってゆくかしら。

興味のあること